引越し見積もり術

引越し費用の見積もりで「即決」だけは絶対に避けた方がいい理由

投稿日:

引越し費用の見積もりで、一番注意する事ってありますか?
一番のポイントは「即決だけは絶対にしない」ことです。

引越し費用の見積もりでは「即決だけは絶対に避ける」ことが鉄則です。

この「即決は避けましょう」と言うのは、あらゆる引越しサイトでも解説されてますが、即決だけは本当に避けた方がいいです。

と言うのも、即決を避けるだけで、その後の交渉をより有利に進められるだけでなく、結果的に更なる値引きに発展する可能性が高いからなんです。

即決を避けるべき3つの理由
  1. 即決価格は簡単にひっくり返る
  2. 後の業者ほど実は値引きする
  3. 所詮は業者都合!

引越し料金と言うのは、突き詰めれば「人件費の塊」なので、ぶっちゃけ価格はあって無いようなものなんです。

また極端な話、引越し業界は最低限の人件費の回収と空トラックさえ確保できれば、いくらでも無茶な価格設定ができるので、即決価格は所詮「単なる交渉道具の一つ」に過ぎません。

だからこそ、引越し費用の見積もりは、営業マンから言われ続ける「即決したら○○です」の言葉を上手に回避して、全ての見積もり結果が出るまではきちんと待ってもらうことが大切です。

むしろ、全ての引越し業者の見積もりが出揃ってからが交渉の本番となるので、これから話す見積もりの交渉術をあなたもしっかりマスターして下さいね!

 

引越し費用の見積もりで即決を避けたい3つの理由!

理由①:即決価格は簡単にひっくり返る

point 1
即決価格は
ぐっと我慢

引越し費用の見積もりに来てもらうと、営業マンはまずトラックに搬入する荷物量をチェックしたり、エアコン脱着の有無などを確認して行きます。

これらの見積もり作業が終わった後で価格交渉が始まるのですが、営業マンの多くは「今日、即決してくれたこの価格で頑張ります」と言ってくれます。

即決価格のほとんどは「今のトラックの空き状況や、残りの見積もり業者の価格を考えれば、この値段でいいです。」という「本気価格」が多いので、即決しても問題ない安さになっていることが多いです。

ただ、一括見積もりのすごい所は、即決を我慢して1社づつ見積もりを出してもらうことで、ここから更にジリジリと値段が下がるところにあります。

また、今日限りの即決価格と言いながらも、絶対に負けられないライバル業者の名前が出れば「では、対抗と言う形でこのお値段ならどうですか?」と提案してくれることも多いです。

そのため、即決価格に手を出したくなる気持ちをグッと押さえて、まずは全ての見積もりが出てくるのをじっくりと待ちましょう。

見積もりを進めていると、「他にどこに見積もりを出していますか?」とか「一斉入居の幹事はどちらですか?」などを聞かれるので、そこは正直に答えておきましょう。

引越し業者によっては、ライバル業者だと徹底価格を出してくれることも多いので、見積もり依頼は多めにして、日程を一週間以内に固めておくと比較しやすいです。

 

理由②:後の業者ほど実は値引きする

point 1
後半ほど
値引きする

引越し業者には「先行逃切り」と「後攻後出し」タイプの営業スタイルに分かれることが多いですが、順番が後ろになる業者ほど、即決を条件に思い切った値引き提案をしてくれることが多いです。

「先行逃切り」と「後攻後出し」の違いと特徴
先行逃切り とにかく全ての対応が早く「本日見積もりにお伺いしますよ」と本当に提案してくる。全ての対応が本当に早いので、急いで引越ししたい人にはめちゃ便利。ただ、押しに弱い人は要注意。
後攻後出し 他社の動きを見ながら、自分達が交渉しやすい日程を提案してくる。見積もりの一番最後を取りたがり、そこでの即決を迫りたがる傾向にある。

どちらが良い悪いというものではありませんが、後攻後出しの方が先に出た見積もり結果を見て値引き提案をしてくれるので、複数業者に見積もりを出した方が値引きが期待しやすいです。

また、おすすめなのは業界1位のサカイ引越センターを先頭に持っていき、業界2位のアート引越センターを最後の順番にしておくと、両社が競い合って値引きしてくれるので、面白いです。

たとえ即決を迫られたとしても、上手くかわし、こうした価格交渉を楽しんで出来るくらいの心の余裕があると、見積もりも楽しくできるのでおすすめです。

 

理由③:所詮は業者都合!

point 1
自分の都合で
業者を決める

押しに弱い人や情に流されやすい人ほど、営業マンの必死な姿に心を揺さぶられ、即決してしまいがちになりますが、それでは引越し費用の見積もり交渉に成功したとは言えません。

あくまで即決価格を提案しているのは、あなたの為ではなく「自分の営業成績とライバル業者に負けたくない」という業者都合の部分が大きいです。

であれば、あなたも自分の都合で「ここの業者にしたら後悔はしない」と思える引越し業者にお仕事を依頼した方が、気持ちよく引越しができるのではないでしょうか?

即決を迫るのは業者都合なのだから、あなたも開き直って自分の都合で業者を選んで行く神経の図太さも、時には大切です。

古き良き日本人的な「輪を持って尊しとする」という考えも悪くありませんが、見積もりの時はある程度ドライに考えることも大切です。

とは言え、最後はどこかに引越しの依頼をする訳なので、引越し業者の心証を悪くせずに、うまく話をすることも大切です。

 

引越し費用の見積もり交渉で即決を上手にかわすトーク集!

即決を強く迫られた時に、断れる自信がないんだけど…
そんな時は「即決を断るトーク術」を覚えておくと便利です!

複数業者に見積もりを出すほど困るのが「即決を迫られた時に断りづらい」という悩みです。

やはり必死に頼み込んでくる営業マンを見ていると、つい情に流されて契約してしまいたい気持ちになってしまうのは、日本人なら誰にでもある感情だと思います。

ですが、引越し費用の見積もりを本気で下げたいなら、心を鬼にして即決を懇願してくる営業マンのセールストークを上手に断る必要があります。

そんな時は次に紹介する、即決を断るための鉄板フレーズを覚えておくと便利です。

引越し業者も黙る鉄板フレーズ
  1. 即決はできません
  2. 全部の見積もりが出た上でお返事します
  3. 旦那が帰って来てから決めます

もし引越し業者が即決しないと引いてくれ無さそうだなと感じた時は、これらのフレーズを適切なタイミングで言うだけで、引き下がることが多いです。

また、ただ単にフレーズを機械的に使うのではなく、「この人は押しても即決はムリそうだな」と相手に思わせることも大切なので、断るときはキッパリと断ることが大切です。

これらの鉄板フレーズを効果的に使うためのタイミングなどについては、こちらの記事に詳しくまとめたので、ぜひ合わせて参考にして下さい。

参考記事

 

即決を避けるだけで、引越し費用の見積もりは安くなります

即決を回避した方が、見積もり費用は安くなることが多いです。
断る時は勇気がいりますが、頑張りたいと思います。

現地見積もりにやってくる営業マンには、自身のノルマと売上が掛かっているので、当然必死になって見積もりを提案してきます。

ただ、結局のところ、即決を避けた方が引越し費用の見積もりは安くなるので、少々良心が痛みますがキッパリと即決を断りましょう。

そして、営業マンから提案してもらった即決価格はしっかりメモを取り、残りの見積もり交渉に使えば、さらなる値引き価格を引き出せるので、見積もりを成功させたい人ほど「即決は避ける」のが鉄則です。

 

広告回避

あなたの引越し費用を劇的に安くする方法!

引越し費用を効率よく節約するにはどうすればいいですか?
複数の一括見積もりサイトを利用するのが一番簡単で確実です!

もしあなたが今すぐ簡単に引越し費用を安く抑えたいと考えているのなら、複数の一括見積もりサイトで引越し費用の安い業者を探すのが一番確実です。

複数の一括見積もりサイトを利用するメリット!
  1. 見積もり特典を沢山貰える
  2. より多くの引越し業者を探せる
  3. 思わぬお宝業者を発見できる

引越しの見積もりサイトは複数利用した方が、より短時間で簡単に最安値の引越し業者を探すことができるんです。

と言うのも、大手の引越し業者は簡単に探せても、引越し料金が安い中小業者は複数の見積もりサイトを利用しないと見つけることができません。

そのため、複数の一括見積もりサイトを利用した方が、より簡単に引越し料金を安く抑えることができるんです。

しかも、各見積もりサイトで提供している独自の申込特典を美味しく頂けるので、どうせ見積もりを出すなら複数の見積もりサイトを利用した方がお得です。

今から紹介する引越しの一括見積もりサイトは、どこも人気サイトで利用者も多いので、あなたも今すぐ自分の引越し料金がいくらになりそうなのか調べてみて下さいね!

おすすめのカードローン3選!

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

プロミスなら最大30日間まで無利息キャッシングができてとても便利!

プロミスならセブン銀行に表示されたQRコードを公式アプリで読み取るだけで、24時間いつでもキャッシングできるのでカードレスなキャッシング生活が遅れます。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、口座開設なし・低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

提携ATMの利用手数料が無料になることや、毎月の返済額も安く設定されているので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ!

  • この記事を書いた人
サトゥ・引越し節約・アキラ

サトゥ・引越し節約・アキラ

佐藤彰 31歳の時にマイホーム購入・引越し・出産立会いと人生の一大イベントをすべて同時に行った、フリーランスのWEBライター。趣味はホームページ作成。

-引越し見積もり術

Copyright© 引越し費用を節約し隊|妊娠8か月の妻と楽しく節約して引越した話 , 2018 All Rights Reserved.