引越し見積もり術

引越し費用の見積もりで事前準備して良かったこと4選!

投稿日:

引越し費用の見積もりで、事前準備した方が良いことは?
「見積もり順序の決定」と「質問をまとめておくこと」が大切です。

多くの人は、一括見積もりさえ申し込めば引越し費用が安くなると思っていますが、実はそれは少し間違っているんです。

確かに複数業者への見積もりを出せば、見積もりに来た業者の数だけ値引き競争が行われるので、通常の相場よりも安い引越し料金まで下がりやすいです。

ですが、見積もり当日までに出来る事前準備をしっかりと行えば、あなたの引越し料金はさらなる値引きを期待できるんです。

現地見積もり当日までにやること
  1. 見積もり順序の決定
  2. 不用品の処分と分類
  3. 部屋の掃除と整理整頓
  4. 質問をまとめておく

実はこれらの事前準備を済ましておけば、ただ単に一括見積もりを申し込んだ時よりも、更なる値引きを期待することができるんです。

特に「引越し業者の見積もり順序」と「部屋の整理整頓」は、引越し料金を決める上でとても重要な要素で、見積もり交渉の時短にも繋がるので、ぜひやっておきましょう。

どうして見積もりの事前準備がそんなに大切なのか?

今回は引越し費用を少しでも節約したいあなたへ向けて、見積もり当日までにやっておいた方がいい4つの事前準備について解説したいと思います。

ここで紹介していることを実践すれば、あなたも引越し業者から一目置かれつつ、他の人よりも上手に値引き交渉ができるようになるので、ぜひ試してみて下さいね!

 

引越し費用の見積もりでおすすめな4つの事前準備!

準備①:見積もり順序の決定

point 1
見積もり順序は
本当に大事!

まず引越し業者に見積もり依頼を掛けると、各営業マンから現地見積もりの日程相談の一斉連絡がはじまります。

この時、やたらと「今すぐ見積もりに伺います」と言ってくる業者がいるのですが、できれば何だかんだ理由を付けて、以下の見積もり順序に調整すると後が楽になります。

おすすめの見積もり順序
  1. サカイ引越センター
  2. 中小引越し業者
  3. アート引越センター

この見積もり順序にする理由は、色々とあるのですが、簡単に言うと以下の通りです。

おすすめ見積もり順序の理由

サカイ引越センターによる値引き営業は本当に凄いので、トップバッターで大きく値引きしてもらい、参入障壁を一気に高くする。

途中の中小引越し業者は「うちじゃできない」と自主撤退する中、時々「うちなら更に値引きできますよ」とビックリ提案をしてくることがあるので、その値段をメモして行く。

そして、業界2位のアート引越センターを最後に回すことで、サカイ引越センターへの徹底対抗による値引きしてくれるので、結果値段が安くなりやすいです。

サカイ引越センターとアート引越センターの順番は逆でもいいのですが、値引きの積極さはサカイ引越センターの方が強い印象があるので、この順番がおすすめだと思います。

すごく勝手なイメージですが、「サカイ引越センター≒佐川急便」とするならば「アート引越センター≒ヤマト運輸」という営業イメージです。

また、この見積もり順序をおすすめしたい詳しい理由については、下記の記事を参考にして頂けたら幸いです。

おすすめの見積もり順序

 

準備②:不用品の処分と分類

point 2
不用品処分は
手間が掛かる

引越し費用の見積もり交渉を有利に進めるために、意外と効果があるのが「不用品の処分」です。

引越し料金は「人件費+トラックの大きさ」で決まるのですが、旧居に不用品が多く残っていると、見積もりの時に荷物を多めにカウントされてしまい、必要以上に大きいトラックを手配されてしまうことがあります。

そのため、見積もりがはじまる前に不用品を処分しておくことで、引越し費用を安く抑えることが可能になります。

不用品処分を節約する方法
  1. 不用品はメルカリで売る
  2. 大型家電は残置物で処理する
  3. 行政のサービスを使う

最近はメルカリやヤフオクなどのフリマアプリを使えば、不用品が思わぬ臨時収入に代わるのでとてもおすすめです。

また、賃貸住まいなら大家さんの許可を得ることで、「残置物」という形でエアコンや冷蔵庫を残して退去することも可能です。

「残置物」とは?
賃貸契約を交わした入居者が、入居期間中に大家の許可をもらい、部屋の設備として残した家具や家電のこと。

もし、どうしても処分に困ってしまった家具や家電については、各市町村の行政に連絡すれば有料ゴミ(格安)として引き取ってくれるので、一度相談してみましょう。

他にも、無料のリサイクル回収業者などに家電を回収してもらうなどの方法もあります。

見積もり当日までにすべての不用品を処分するのは難しいかもしれませんが、出来るかぎり部屋を片付けておくことで、見積もり時の値下がり幅も期待しやすくなります。

 

準備③:部屋の掃除と整理整頓

point 3
整理整頓で
スッキリみせる

準備②でもお伝えした通り、引越し料金は「人件費+トラックの大きさ」で決まるので、トラックサイズを小さく出来れば引越し料金も節約しやすくなります。

例えば、1LDK~2LDKに住んでいる二人暮らしの夫婦が引越しをする場合、2トン車になるか4トン車になるで、引越し料金も大きく変わります。

逆にファミリー層の場合は最初から4トン車を手配されることが多いのですが、部屋の散らかり具合で見積もり料金にも差が出やすいので注意が必要です。

画像

汚い部屋 キレイな部屋

こんな風に、同じ部屋でも散らかっているか整理されているかで、営業マンの印象も変わるだけでなく、当日トラブル(荷造りができていなかった等)のリスクも加味した値段設定が発生しやすいです。

また、見積もりの段階から「どの荷物を持っていき、どの荷物は処分するのか」を営業マンにしっかりと伝えることも大切です。

引越し当日の荷物を減らせば、トラックの大きさ(≒料金)を節約できるので、部屋の清掃や整理整頓は大切な事前準備と言えます。

私の場合、2LDKの2人暮らしでしたが、荷物量がやや多いと言われ、引越し当日までに自転車+衣装ケース2箱分を自主運搬することを条件に2トン車(ショート)のトラック料金で契約できました。(新居が800m先だったの自主運搬は楽勝でした)

こうした柔軟な値引き交渉をする為には、部屋をキレイにしておき、処分家具・残置物家電などの線引きを見積もり時にしっかり伝えられるかがポイントとなります。

 

準備④:質問をまとめておく

point 4
質問事項は
リストアップ

見積もりの値引き交渉とは少し関係が薄いですが、見積もり当日に各業者に聞いておきたいことを事前にリストアップしておくことも、見積もりの事前準備としてはとても大切です。

見積もり時に聞いた方がいいこと

  • エアコンの脱着費用はいくら?
  • エアコンの取り付け日程はいつ?
  • エアコンの分解洗浄はいくらで可能?
  • 手配予定のトラックは何トン車?
  • 万が一、荷物が乗り切らなかった時は?
  • 万が一、荷物に破汚損が起きた場合は?
  • 梱包材はいくらまでサービスしてくれる?
  • タンスの中の服は抜いた方がいい?
  • 引越し準備はどんな事に注意したらいい? など

引越しは値段の安さだけでなく、各引越し業者の標準サービスや作業人員のレベルもしっかり見極めた方がいいです。

特にトラックに荷物が積み切れなかった場合の対応は、各引越し業者でまちまちなので、トラックサイズと合わせて事前に確認しておくと安心です。

応えづらい質問に対しても、真摯に回答してくれる引越し業者の方が、万が一のトラブルが起きた時も安心できると言えます。

特にエアコンの脱着は、ドレン管(ホース)の交換有無などによっても値段が変わるので、事前にしっかりと調べておいた方がトラブルが起こりにくいです。

 

余裕があれば、お茶と簡単なお菓子があると喜ばれます

その他、引越しの見積もりで準備することってありますか?
交渉時に、お茶と簡単なお菓子があると喜ばれます。

これは小手先のテクニックというよりも、単なる礼節の話になりますが、見積もりに来て頂いた営業マンには丁寧に対応してあげましょう。

現地見積もりでは各お部屋の荷物確認や各見積もり項目の説明などがあるので、1社あたり45分~1時間位はみておくとゆとりをもった見積もり対応ができます。

この時、ちょっとしたお茶やお菓子があると、営業マンも話がしやすくなるので、この時に引越しや見積もりに関するアドバイスを聞くのがおすすめです。

引越しの営業マンも私たちと同じ人間なので、やっぱり快く対応してくれた人には、丁寧に対応したいと思う人が多いようです。

小手先のテクニックと捉えるのではなく、貴重な時間を割いて見積もりに来て頂いたお客人として、礼節をもって対応をしましょう。

 

引越しの見積もり当日は「絶対に即決を避ける」こと!

引越し費用を節約したいなら即決だけは絶対に避けましょう!
即決を避けるだけで引越し費用が安くなるなら頑張ります!

引越し費用の見積もりには、いくつかの事前準備を進めることで、単に一括見積もりをするよりも値引き交渉をスムーズに進めることができます。

ただし、見積もり当日に絶対に守って欲しいのが「即決だけは絶対にしない」ということです。

即決を避けるべき3つの理由
  1. 即決価格は簡単にひっくり返る
  2. 後の業者ほど実は値引きする
  3. 所詮は業者都合!

即決価格を提示できるのは、それだけ自社の価格設定に自信がある証拠とも言えます。

ですが、結局のところ、即決価格を提示するのは「引越し業者の都合に過ぎない」ので、営業マンのペースに飲まれて即決を承諾する必要はありません。

むしろ、一通りの見積もり結果が出揃うのを待ってから、改めて引越し料金の交渉をした方が、更なる値引きを期待することができます。

そのため、見積もり料金が提示された時は、絶対に即決は行わず、一通りの見積もりが出揃うまでは、営業マンには待ってもらいましょう。

ただし、見積もり料金のほとんどは、トラックの配車都合による価格設定がされてあるので、見積もりは長くとも1週間以内の短期決戦で決着をつけた方がいいです。

理想を言えば、土日祝などの連休を使った2日以内の超短期決戦で見積もりを出した方が、業者も思い切った値引き提案がしやすくなります。

また、見積もりは引越し予定日から1か月以上前に済ませておくと、業者も余裕を持った配車設定ができるので、柔軟な値引き交渉にも応じてくれやすくなります。

その他、即決を避けた方がいい理由については、下の記事にまとめてあるので、ぜひチェックして下さいね!

即決を避ける理由

おすすめのカードローン3選!

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

プロミスなら最大30日間まで無利息キャッシングができてとても便利!

プロミスならセブン銀行に表示されたQRコードを公式アプリで読み取るだけで、24時間いつでもキャッシングできるのでカードレスなキャッシング生活が遅れます。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、口座開設なし・低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

提携ATMの利用手数料が無料になることや、毎月の返済額も安く設定されているので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ!

  • この記事を書いた人
サトゥ・引越し節約・アキラ

サトゥ・引越し節約・アキラ

佐藤彰 31歳の時にマイホーム購入・引越し・出産立会いと人生の一大イベントをすべて同時に行った、フリーランスのWEBライター。趣味はホームページ作成。

-引越し見積もり術

Copyright© 引越し費用を節約し隊|妊娠8か月の妻と楽しく節約して引越した話 , 2018 All Rights Reserved.