マイホームを買ったし、引越し費用は少しでも節約したい…
ローンの諸費用もあるし、引越し費用だけでも節約しなきゃ…

そんな事を考えてこのページにたどり着いたあなた!

実は引越し費用の節約って、そんなに難しい話ではなく、引越しの一括見積もりサイトを利用すれば、簡単に引越し費用を節約することができるんです!

引越し費用の節約方法!
  • 一括見積もりを申込む
  • 見積もり結果を待つ
  • 最安値の業者を選ぶだけ!

たったこれだけの手順で、あなたの引越し費用は簡単に節約できるうえ、色んなオプションをサービスしてくれたり、見積もりプレゼントが貰えるので、引越しの一括見積は実はとても便利でお得なんです。

中でも「引越し侍」というサイトなら、全国の有名引越し業者から地元密着型の引越し業者まで、あらゆる引越し業者の中から最短1分で見積もり結果を出せるので、引越し費用を今すぐ節約したい時におすすめです。

引越し侍の特徴!
  1. 全国の引越し業者が加盟
  2. 最短1分で最安値が見つかる
  3. ネット申込でカンタン

私も引越し侍を利用して、新居への引越し業者を探しましたが、相場よりもかなり安い費用で引越しを完了させることができました。

しかも、引越し費用が安いだけでなく、作業がとても丁寧な人員を充てて頂けてとても気持ちよく引越しができました。

引越し侍の一括見積もりを利用すれば、引越し業者同士の見積もり競争が簡単に起こるので、マイホーム購入の諸費用を少しでも節約したいあなたにとてもおすすめです。

見積もりの申込は最短1分で簡単に結果を調べることができるので、あなたも今すぐ調べてみて下さいね!

 

引越し費用を簡単に節約できる方法はこれ!

引越し費用をもっと節約できる方法ってないの?
複数の一括見積もりサイトを併用するのがおすすめです!

もしあなたが少しでも引越し費用を節約したいと考えているのなら、一括見積もりサイトを複数の利用するのがおすすめです。

と言うのも、複数の一括見積もりサイトを利用すれば、より多くの引越し業者の中から選べるので、より簡単に引越し費用の節約ができるようになるからです。

画像

Aサイト Bサイト

A社 B社 C社 B社 D社 E社

複数の見積もりサイトを利用すれば
さらに見積もり業者の幅が広がります

また、大手に引越しをお願いしたいと考えている人でも、中小引越し業者への見積もりを出すことで、思わぬ値引き交渉の材料になる事が多いです。

そのため「大手3社+中小3社」の編成を目安に見積もりを取れば、引越し費用を節約できる交渉の幅がグンッと広がるのでおすすめです。

特に中小規模の引越し業者は、複数の見積もりサイトを利用することで沢山見つかるので、必ず3サイトは使うことをおすすめします。

中でも「引越し侍」と別系列である「ズバット引越し比較」や「引越し達人セレクト」を利用すれば、あなたが予想だにしない値引きを提示してくれる素敵な引越し業者を簡単に見つけられるので、今すぐ申し込んで下さいね!

 

引越し侍

 

引越し価格ガイド

 

ズバット引越し比較

 

引越し達人セレクト

 

引越し費用をムリなく簡単に節約する3つの方法!

引越し費用をもっと節約するにはどうしたらいいの?
「見積もり順序・引越し日程・オプション内容」の3つを交渉することです。

少しでも引越し費用を節約したいと思うのなら「見積もり順序・引越し日程・オプション内容」の3つにポイントを絞って交渉を進めると、引越し費用の値引き額も大きくなりやすいです。

引越し費用の交渉ポイント!
  1. 見積もり順序で値引き額が変わる!
  2. 引越し日程で値段が決まる!
  3. オプション費用はコスパで判断!

一口に引越し費用と言っても、業者都合による価格設定が当たり前なのが引越し業界の実情です。

中には「サカイ引越センターにだけは負けられない」と赤字覚悟の見積もりを出してくるライバル業者もいるので、現地見積もりにくる引越し業者の順番をどう割り振るかでも、引越し費用の節約に大きな影響を与えます。

また、引越し当日の日程や時間、当日の段取りなどによっても、値引き額に大きな差が出やすいので、見積もり交渉時に引越し業者が提示する条件にはしっかりと耳を傾けておきましょう。(かなり違います)

最近は、梱包や開梱サービスを有料オプションで付けてくれる引越し業者も増えましたが、本当に引越し費用を節約したいのであれば、オプション内容はしっかり吟味することが大切です。

他にも、家具や家電の購入費用を抑えることや、不用品処分の方法を工夫することで、引越し費用をさらに節約することは可能です。

ただ、引越し費用を大きく節約したいなら、やっぱり「引越し業者との交渉」が一番効果的なのは間違いありません。

これから値引き交渉を進めていく上で、とても重要な部分だけに的を絞ってお伝えするので、じっくり目を通してマスターして下さいね!

 

交渉術①:見積もり順序で値引きが変わる

point 1
見積もり順序は
死ぬほど大事!

結論から言えば、以下の順番で見積もり日程を組むと、一番値引きが期待しやすいと言えます。

見積もり業者のおすすめ打順
  1. サカイ引越センター
  2. 中小引越し業者
  3. アート引越センター

この順番で現地見積もりを依頼すれば、大抵の場合はサカイ引越センターがゴリゴリ値引きをして、中小引越し業者が抗戦し、アート引越センターが対抗価格を提示してきます。

その後、もう一度サカイ引越センターに連絡すると、更なる値引き価格が提示されるので、そのあたりで手を打つのがおすすめです。

でも、どうしてこの順番がおすすめになるの?
それは引越し業者の営業スタイルと売上規模が影響しているからです。

まず、引越し業界の売上規模のランキングは「1位サカイ・2位アート・3位アリさん」となっています。(2018年10月時点)

中でも、サカイ引越センターの営業スタイルは「先行逃切り」のタイプが多く、見積もりを依頼した当日に営業マンがやってきて、ゴリゴリと値引き提案をして、ガシガシ契約を結んでいくパワータイプの営業を得意としています。(もちろん、営業態度はとても紳士的ですよ!)

「先行逃切り」と「後攻後出し」の違いと特徴
先行逃切り とにかく全ての対応が早く「本日見積もりにお伺いしますよ」と本当に提案してくる。全ての対応が本当に早いので、急いで引越ししたい人にはめちゃ便利。ただ、押しに弱い人は要注意。
後攻後出し 他社の動きを見ながら、自分達が交渉しやすい日程を提案してくる。見積もりの一番最後を取りたがり、そこでの即決を迫りたがる傾向にある。

また、1番手にサカイ引越センターを置き、最後にアート引越センターに見積もりを依頼するのには、次のような狙いと理由があります。

 

1番手にサカイ引越センターを置く理由

サカイ引越センターは「単体で依頼しても十分すぎる値引き額が出るんじゃないの?」と思うほどの勢いがあり、見積もり時の営業スピードと値引き力だけを見ても業界1位になるのも頷けます。

そのため、複数社に見積もりを出すときは、1番手にサカイ引越センターを持ってくるのが鉄板です。

サカイ引越センターとアート引越センターの順番は逆でも構わないのですが、サカイさんのゴリゴリ営業&スピード営業は本当に素晴らしいので、彼らの力を借りた方が引越し価格はよく下がると思います。

また、私の場合、新築マンションの一斉入居幹事をアート引越センターが仕切っていたことも、サカイ引越センターが徹底値引きした要因と言えます。

ちなみに、サカイさんもアートさんも、値引き額は凄いですが紳士的な営業をされるので、その辺は安心して大丈夫です(笑)

 

最後にアート引越センターを置く理由

逆にアート引越センターは、業界2位とはいいつつ、まだまだサカイ引越センターとの差が埋められずにいるのが実情です。

そのため、サカイ引越センターへの徹底対抗による値引き額は目を見張ることが多いです。(私の時も「即決ならサカイさんより値引きします」とびっくり価格を提示して頂きました。)

そんな訳で、サカイ引越センターを1番に持ってきた時は、アート引越センターを最後の見積もり順に持ってくると、両社が意識してゴリゴリと値引きしてくれます。

サカイ引越センターとアート引越センターの比較サイトは沢山ありますが、結局は当日の営業マンと作業員でクオリティが決まるので、両社の見積もりをとっておけば間違いありません。

また、新築マンションの場合は、一斉入居の幹事をどこが受け持つかでも、値引き交渉の図式が変わります。

何にせよ、引越し費用を少しでも節約したい時は、サカイ引越センターとアート引越センターの2社は必ず入れておくことが鉄則です。

 

中継ぎに中小引越し業者を置く理由

一方、地元密着型の中小引越し業者達は、サカイ引越センターの強気な値引き額を目の前にすると「その価格はうちじゃ対抗できない」と自主撤退されることが多く、見積もりの時短に繋がります。

ただ、彼らの引越し日程が合えば、びっくり価格での提案をしてくれることがあるので、サカイとアートの間に中小引越し業者を挟んでおくと、思わぬサプライズ値引きが期待できます。

また、中小引越し業者の場合、社長や役員クラスが自ら見積もりに来ることも多いので、役職者権限によるドデカい値引きが発生しやすいのも魅力的です。

実際、私が新居に引越した時は、中小引越し業者に依頼したのですが、役職者権限による値引きインパクトが決め手でした。(詳細は次の項目で)

中小引越し業者の場合、引越し日程やスケジュールさえ合えば、大手よりも破格の条件で契約してくれることもあるので、そういう意味でも複数社の見積もりはとても大切です。

 

交渉術②:引越し日程で値段が決まる

point 1
引越し料金は
人件費とトラック

これは色んな引越し業者さんから同じ話を聞いたので間違いないと思いますが、引越し料金の内訳は、ほぼ「人件費」と「トラック」で決まるらしいです。

つまり、引越し業者としては「引越し人員とトラックを過不足なく効率的に回すこと」で利益を重ねて行くのが基本なのだそうです。

イメージ的にはホテル経営と近いものがあり、客室(トラック)を過不足なく埋め続けることが、効率的に利益を上げられるビジネスみたいです。

そこから考えると、日程交渉は1か月以上前から早めに相談することで、より柔軟な値引きに応じてくれやすくなります。

 

1.長距離移動の引越しを値引きする場合

画像

人 トラック

例えば、大阪から東京に引越しをする場合、片道運搬だけでは勿体ないので、同じ日程で東京から大阪に引越しをするお客さんを探して、往復料金を得るのが引越し業者のセオリーとなります。

そのため、トラックの保有台数が多く、全国に営業所がある引越し業者ほど、柔軟な引越し工程を組めるので、強気な値引き交渉も行いやすいみたいです。(大手の傾向)

この場合、1か月以上前から見積もりを依頼しておけば、その分、帰りのトラックを使った引越し案件を捕まえやすくなるので、値引きも期待しやすくなります。

逆に、直前での見積もりになると、運が良く往路のお客を探している引越し業者を捕まえない限り、大手の引越し業者じゃないと対応できなくなるので注意が必要です。(この場合は値段も割高になりやすいです。)

 

2.閑散期の引越し料金が安くなる理由

画像

人 トラック

閑散期に引越し料金が安くなる理由は「赤字で従業員を遊ばせるくらいなら、原価スレスレでも仕事を取った方がマシ」という、引越し業者側の都合で値引きが行われていることが大半です。

そのため、引越しの閑散期となる「1月、2月上旬、6月、11月、12月」は、引越し価格も割安となり、平日は原価スレスレの値段で仕事を引き受けてくれる業者もでてきます。

もし引越しの日程をある程度調整できるのなら、閑散期の平日を狙って1か月以上前から交渉すれば、値段もかなり下げられます。

逆に閑散期でも、マンションの一斉入居のような、細かい搬入時間の指定があると値段もやや押し戻されるので注意が必要です。(それでも繁忙期の土日よりはかなり安いです。)

 

3.短距離の引越し料金が安くなる理由

画像

人 トラック

逆に、地元密着の引越し業者であれば、市内の引越し依頼を一手に引き受けることで、引越しの応援人員をコントロールして、地の利を生かした戦略で利益を発生させることもできます。

その点、短距離の引越しなら、万が一トラックに荷物が入りきらなくても、2便・3便と分割して荷物を運搬できるので、トラックサイズを節約できる分、値段も安く抑えることができます。

他にも、夜積み~早朝搬入をすることで運搬時間を短縮したり、他のお客との混載運搬をして運搬距離を短縮するなど、色々な業者都合による経費削減の方法があります。

こうした柔軟性のある引越し工程の組み方は、中小規模の引越し業者が得意とするやり方で、あなたの日程と業者の都合がかみ合えば、びっくりする値段で仕事を引き受けてくれることもあります。

つまり、引越しの見積もり業者を増やせば増やすほど、こうした業者都合による特別割引のチャンスが増えるので、複数社への見積もりは必ず済ませておきましょう。

私の場合は、引越しの移動距離が1キロ程度だったので、早朝8時積込み・昼14時搬入を条件に、中小の引越し業者さんに大きく値引きしてもらいました。

話を聞くと、早積みが終わった配送員3名を、近場の大型引越しの応援に回して、14時の搬入が始まるまでの人件費を節約させたのだとか。

こうした地の利を生かした値引き判断ができたのは、エリアマネージャーが見積もりに来てくれたおかげなのだと思います。本当にラッキーでした。

見積もりにやってくる営業マンは運次第なので、「当たり営業マン」を捕まえるためにも見積もりは多めに取ることをおすすめします。

 

交渉術③:オプション費用はコスパで判断

point 1
オプションは
費用対効果

最近の引越し業者には色んなオプションサービスを付けることができて、その中でも有名なのが「梱包」や「開梱」サービスですよね。

ただ、実は「エアコンの脱着」はオプションサービスで別料金となっていたり、「テレビやパソコンの配線設置」などもオプションで追加料金が発生するので注意が必要です。

よくある引越しのオプションサービス
項目 重要度 サービス内容
梱包 主に食器類を梱包してくれるサービス。割高ですが、荷造りが下手な人や妊婦がいる時にはおすすめです。
開梱 × 荷解きを手伝ってくれるサービス。ただ、指示を適切に出せないと開梱も雑になりがちなので、あまりおすすめしません。
エアコン脱着 エアコンを引越しさせる時は必須のオプション。引越し業者ではなく専門のエアコン業者が行うことが多いので、値引きができないことが多い。
エアコン分解洗浄 エアコンの内部清掃を行い、ほぼ新品状態にまでキレイにしてくれるサービス。エアコンの寿命は10年と言われるので、5年未満のエアコンを引越しさせる時はおすすめ。
配線設置 × 自分でデスクトップの配線やテレビの配線を設置できるなら不要のサービス。アース線なんてドライバ一本で誰でもできます。

これらのオプションサービスは、必要な人には有益なサービスですが、要らない人には過剰なサービスとなりがちです。

ただ、エアコンの分解洗浄に関しては、壁掛け状態のままでクリーニングをするより断然キレイになるので、予算に余裕があるのなら依頼して損はありません。

人によって要・不要の判断が分かれるオプションも多いので、費用対効果(コスパ)で考えて判断していきましょう。

我が家は妊娠8か月の妻がいたので、梱包や開梱作業をどうしようかと相談しましたが、結局、妻の母が応援にやってきて梱包や開梱費用を節約することに成功しました。

ただ、エアコンの分解洗浄は個人的にやって良かったと本当に感じます。予算に余裕があればぜひお試しください。

 

引越し費用をラク&大きく節約したいなら見積もり一択!

引越し費用を効率よく節約したいなら一括見積が最強です!
私も「大手3社+中小3社」くらいにして見積もりしてみます!

引越し費用を節約する方法は色々とありますが、はやり引越しの一括見積サイトを利用するのが一番簡単で確実です。

その中でも、今回紹介した「大手3社+中小3社」くらいの割合で、現地見積もりを依頼して、1番手にサカイ引越センター、最後にアート引越センターに来てもらう方法が、一番効率よく値引き交渉が進むと思います。

おすすめの見積もり打順
  1. サカイ引越センター
  2. 中小引越し業者
  3. アート引越センター

諸々の引越し事情にもよりますが、サカイ引越センターによる安心と信頼の値引きは本当に強力です。

次に、中継ぎ陣に中小の引越し業者を並べておけば、値引き対抗ができない業者の見積もりはすぐに終わりますし、私のようなラッキーパンチで驚き価格にしてくれる引越し業者と出会うこともあります。

最後に、サカイ引越センターに徹底対抗するアート引越センターに締めの値引き交渉をしてもらえれば、相場よりも安くなることは確実です。

一番手にサカイ引越センターを入れたのは、値引きがすごいこともありますが、お断りの電話を入れたタイミングでも更なる値引き額を提示して頂いた経験があるからです。(これには本当に驚きました)

彼らの営業力と値引き交渉は本当に度肝を抜かれたので、先発1番手にして最初から相場価格をぶち壊してもらう戦略はかなりおすすめです。

この順番で現地見積もりを進めて行けば、あなたも通常の引越し費用の相場よりも大きく節約できるので、さっそく試してください。

そして、こうした値引き交渉の理想順序を実現するためにも、一括見積はとても大切です。

中でも、引越し侍は全国270社以上の引越し業者の中から、最適な引越し業者に見積もりを依頼できるので、さっそく申し込んでみましょう。

引越し侍なら最短1分のカンタン入力で、あなたの引越し費用を一番節約できる業者を今すぐ見つけることができますよ。

[sc name="samurai_3"]

おすすめのカードローン3選!

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話確認なしで審査が完了するので、会社や勤務先に電話を掛けられたくない方にとてもおすすめ!

審査時間も最短30分ととても短いので、今すぐ借りたい時や会社へ電話を掛けられたくない人におすすめですよ!

即日融資は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

プロミス

プロミスなら最大30日間まで無利息キャッシングができてとても便利!

プロミスならセブン銀行に表示されたQRコードを公式アプリで読み取るだけで、24時間いつでもキャッシングできるのでカードレスなキャッシング生活が遅れます。

※無利息キャッシングは、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」なら、口座開設なし・低金利で借りれる安心の銀行カードローンになっています。

提携ATMの利用手数料が無料になることや、毎月の返済額も安く設定されているので、初めてカードローンを利用するあなたにとてもおすすめですよ!

  • この記事を書いた人
サトゥ・引越し節約・アキラ

サトゥ・引越し節約・アキラ

佐藤彰 31歳の時にマイホーム購入・引越し・出産立会いと人生の一大イベントをすべて同時に行った、フリーランスのWEBライター。趣味はホームページ作成。

投稿日:

執筆者:サトゥ・引越し節約・アキラ

Copyright© 引越し費用を節約し隊|妊娠8か月の妻と楽しく節約して引越した話 , 2018 All Rights Reserved.